独学で行政書士に合格するヒント|勉強の仕方を変える

文房具

幼保ダブル取得を目指して

保育園

保育士とのちがいとは

保育園は厚生労働省が管轄している福祉施設なので、保育士になるには、免許ではなく国家資格である保育士資格が必要になります。それに対し、幼稚園は文部科学省が管轄し、学校教育法に定められた学校にあたるので、幼稚園で指導するためには幼稚園教諭免許状が必要となってきます。幼稚園教諭免許状を取得するためには多数の方法があります。一般的には、幼稚園教諭養成課程のある学校で必要単位を取得し、卒業することが条件となります。養成課程がある学校は大学、短大、専門学校と様々ですが、取得できる免許状の種類が異なります。どの免許状でも仕事の内容には違いはありませんが、就職する施設によっては、主に給料の面で、大学を卒業して1種免許状を持っている人の方が優遇されることがあります。また、近年、保育園と幼稚園を一貫した教育施設「認定こども園」に移行する幼保一元化政策がすすめられています。この認定こども園には、0歳から就学前の児童までが在籍します。今までの保育士資格と幼稚園教諭免許を両方持っていることで、就職する際にも有利になるであろうことを見越して、ダブル取得も視野に入れましょう。保育士資格と幼稚園教諭免許を在学中に両方取得するのは厳しい道ですが、本人のやる気次第で取得は可能です。就学期限の長い4年制の大学での取得を目指すほうがいいでしょう。もちろん、4年制の大学でなくても、働きながら、通信や独学で保育士試験に合格して保育士資格を取得することも可能です。