独学で行政書士に合格するヒント|勉強の仕方を変える

文房具

児童福祉施設で働くため

保育士と子供

養成課程で単位を修得

共働き世帯が増えていることから、保育園や学童保育室といった児童福祉施設の利用者は増加しています。それに伴って、多くの児童福祉施設で保育士が不足気味になっています。その分募集がさかんとなっていることから、現在では保育士の資格取得を目指して、養成課程のある大学に入学する人も増加しています。保育士資格は国家資格なので、基本的には国家試験に合格すれば取得できます。しかし、ある程度の学歴または実務経験がなければ受験することはできませんし、受験できたとしても、合格率は例年20%程度と低めです。ところが養成課程のある大学でなら、国家試験を受験せずに保育士資格を取得することが可能となっています。指定されている単位を全て修得することが必要となりますが、逆に言えば、修得できれば保育士資格を確実に取得できるということです。合格率が約20%という国家試験を受ける場合と比較すると、スムーズに取得できるため、多くの人が大学進学を希望しているのです。また、保育実習のために大学進学を選択するという人も多くいます。保育実習では、実際に児童福祉施設内で子供たちと接することで、現場の雰囲気をしっかりと学ぶことができるのです。さらに保育実習で児童福祉施設側に好印象を与えることができれば、資格取得後の就職活動で有利になる可能性があります。このように、保育士として働くという明確な意思を持っている人にとって、大学進学には大きなメリットがあるのです。