独学で行政書士に合格するヒント|勉強の仕方を変える

婦人

必要な知識をつける

会社を経営するにあたっては、経験と勘、度胸といったものだけでは、乗り切れなくなる場面が出てきます。そういった時でも、マネジメントの資格を持っておけば、より客観的な視点から最善策を考えることができます。

毎日の勉強が大事

レディ

単語帳を使って学ぶと良い

行政書士の資格を取るために独学で勉強することは可能かといえば、十分可能です。しかしすぐに取れるようになれるわけではありません。行政書士の資格取得の合格率は毎年一桁であり、それだけハイレベルな試験となっています。もし独学で勉強を始めようとする場合は、勉強期間がおおよそ6ヶ月以上かかると考えていたほうが良いといいます。なかには3ヶ月か4ヶ月ほどで十分な知識を習得する人もいますが、それは集中的に勉強するための時間を取り込んで行うことができた人や、もともと法学が得意分野の人に限るのかもしれません。独学で取り組む人の中には、仕事をしながら勉強する人もいれば、専業主婦で家事をしながら勉強する人もいて、1日すべての時間を勉強に取り組むことができない場合もあります。短期間で習得するのではなく、ある程度時間をかけることで十分な知識を得ていくことができるようになります。行政書士は行政法だけでなく憲法や民法、刑法も十分に知識を必要とされ、専門用語も覚えていかなければなりません。そのために良いのが単語帳です。単語帳に専門用語を書き込み、移動中やちょっとした休息の合間に単語帳を取り出して読むだけでも知識を得ていくことができます。なかなか自宅で集中して勉強できない場合は自習室を借りて勉強するのも良い方法となりますし、迷惑をかけないようにすることができればカフェで勉強する人もいます。独学で行うのであれば、行政書士は毎日勉強することが大事です。調子が悪いときでも、単語帳を読むことを行うだけでも良く、とにかく毎日行政書士の内容に触れていくことで知識を得ていくことができるようになります。

保育士と子供

児童福祉施設で働くため

保育士の資格は、養成課程のある大学で単位を修得することで取得できます。国家試験に合格することでも取得できますが、合格率は約20%です。しかし大学でなら、単位の修得により確実に取得できるのです。現場の雰囲気を学ぶことができる保育実習があることからも、保育士を目指す人の多くが大学進学を選んでいます。

保育園

幼保ダブル取得を目指して

幼保一元化の影響により、幼稚園教諭と保育士資格のどちらも取得しようとする人が増えています。また、どちらも取得しておけば就職活動のときに有利となるでしょう。幼稚園教諭を目指すなら、養成課程のある大学を卒業するのが近道となります。